タクシー運転手仲間のはなし


by ewen7auvzy

阿弥陀如来像、浄土宗に戻る=法然800年忌前に−京都(時事通信)

 浄土宗を開いた法然(1133〜1212)の高弟源智(1183〜1238)が、法然の一周忌の際に造らせた「木造阿弥陀如来立像」(重要文化財)が1日、所蔵する高野山真言宗の玉桂寺(滋賀県甲賀市)から浄土宗に戻った。2011年の法然800年忌を前に、玉桂寺から有償で譲り受けた。
 浄土宗は仏教大の宗教文化ミュージアム(京都市)に当面収蔵する。今後は新たな施設を建設し、一般公開も検討している。
 浄土宗などによると、阿弥陀如来立像は高さ約98センチ。仏師の快慶の弟子による作品の可能性が高いと言われている。他宗派の玉桂寺に渡った経緯ははっきりしていない。 

【関連ニュース】
阿弥陀像から歯や毛髪=伝承通りの納入品か

企業の就職説明会「2分で満員」 予約用iPhone買う大学3年生(J-CASTニュース)
首相、小沢氏進退「“幹事長”として頑張ってもらいたい」(産経新聞)
山手線、新大久保駅の人身事故で運転見合わせ(読売新聞)
普天間移設「あらゆる可能性」=鳩山首相(時事通信)
きょう元事務長の控訴審判決=一審無期、死刑適否が焦点−岐阜6人殺傷・名古屋高裁(時事通信)
[PR]
by ewen7auvzy | 2010-02-02 16:53